企業内保育で女性が働きやすい環境に【HAPPY OFFICE】

保育士
案内

働く女性を応援

近年注目されているサービスに、企業内保育があります。会社にも働く女性にもメリットがあるこのサービスについて、ここで詳しく紹介しているので、企業の方はぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

子供

開設までの流れ

企業内保育を行なうことになった場合、どのような流れで開設まで進んでいくのか気になる企業の方もいるでしょう。そこでこのページでは、保育所開設までの流れについてご紹介します。

企業も嬉しいサービス

会社内にあるので、送り迎えが楽になります。企業内保育を取り入れて、従業員が働きやすい環境づくりを進めてみませんか?

子供

女性の社会進出が目立つ現代ですが、出産や育児を行なったあと、女性がまた職場復帰することも多くなってきました。しかし、そんな働く女性達を困らせているのが、保育所不足の問題と言えるでしょう。
実際、産休が終わったら職場に復帰しようと思っていたけれど、保育所がなかなか見つからないために復帰をすることができないという人もいます。こうして、保育所不足の問題が深刻になっているのです。
そのような保育所不足の問題は、企業にとっても大きな痛手となります。有能な女性社員を確保することができなくなってしまうため、人材不足となってしまいます。また、人材が不足してしまうと新入社員の育成など新たな部分にコストや労力がかかってしまうため、経費の増大にも繋がってしまいます。
では、そのような問題はどのようにして解決することができるのでしょうか。解決方法は複数ありますが、企業が取り組める方法として企業内保育サービスを活用するという方法があります。
では、この企業内保育とは一体どういったサービスなのでしょうか。ここで紹介します。

企業内保育とは、企業が社内に保育所を設けるという取り組みで、その保育所には従業員の子供達を預けることができます。こうしたサービスを利用すれば、小さい子供がいる女性社員も安心して働くことができますし、企業にとっても女性社員の離職率を下げるというメリットを得ることができます。
このように、企業内保育には社員、企業それぞれに利点があるのです。
近年は、こうしたサービスを導入する会社も増えてきています。女性社員が多い企業などは、一度導入を検討してみてはいかがでしょう。

新人社員の教育や中堅社員のスキルアップに効果的です!専門業者に社員教育を依頼して、会社の利益向上を目指すと良いでしょう。

即戦力として新人を成長させるには新入社員研修の内容をよく比較し、会社に最適な研修を選ぶ必要があります。こちらのサイトを活用しましょう。

多くの企業に存在する福利厚生の種類は様々です。コチラでその必要性をしっかりと把握することが出来ますよ。

案内

安心の料金体系

実際に預ける保護者はもちろんのこと、実際に保育所を導入する企業も気になるのが、保育所のサービス料や使用料です。そこでここでは、企業内保育のサービス会社の料金体系についてご紹介します。